メルカリでの出品者キャンセル方法!悪い奴から身を守る

オークション
スポンサーリンク

最初に。

決してキャンセルを推奨している訳ではありません。

どうしてもキャンセルしなければならない場合や

ヤフオク出品者として発生しうるトラブル対処法について説明します。

表向きには基本的にキャンセルは認められてはいません。

出品者と購入者双方の合意があり、正当な事由があれば事務局にキャンセルを認証されます。

スポンサーリンク

キャンセルになる場合

出品者キャンセルになる場合、このような理由が多いです。

  • 発送の段階で商品が無いことに気づいた、壊れていた。
  • 値段を間違えて安く出品してしまい、即購入されてしまった。
  • 評価の不安な人に買われた。
  • 他の人と話がまとまった後に横取りした購入者がいた。
  • プロフ必読と書いてあったのに、マイルールを無視された。
  • 他のアプリやオークションで先に売れてしまった。

まぁこんな理由がおおいのではないでしょうか。

 

メルカリで認められているキャンセルの条件は以下の2つです。

  • 出品者が期日を過ぎても発送しない
  • 購入者が入金しない

しかしこれ以外でも認められる事があります。

 

何らかの理由でキャンセルをしたいということであれば、まずは取引画面から購入者にその旨を伝えます。

これはメルカリ事務局が見ますので、例え相手に非があったり、
気分が悪かったりしても、乱暴な表現は避けて丁重に話をしないといけません。

 

これで話がまとまれば「お問い合わせ」⇒「お問い合わせ項目を選ぶ」⇒「トラブルがあった」⇒「出品者側」⇒「お問い合わせする」

から申請します。

 

双方の合意があれば、このままの状態では取引は成立しませんので、事務局に連絡すればキャンセルになる可能性が高いです。

おそらくキャンセルになると思いますが、あくまで判断は事務局です。

 

但し何度もキャンセルを続けたりすると、警告などが来る可能性があります。

 

メルカリではノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルなどの言葉は使用禁止になっていますので、キャンセルを認めていない訳ではありません。

出品者はとにかく購入者と話し合いを行い、認めてもらう必要があるということです。この段取りは絶対必要です。

購入者を無視して発送しなかったりすれば、その時はキャンセルになりますが後々自分に返ってきます。

 

コメント