【UberEats】雪の日に自転車稼働したら地獄だった

Uber eats
スポンサーリンク

お疲れ様です、UberEatsのパートナー歴1年の藍です。

コロナウイルスの影響で会社を辞める事になり専業パートナーに。

ついに今は配達回数も4000回を超えました!

 

今回は2020年の雪の日に自転車で稼働してみたら地獄だった理由を紹介していきます。

UberEatsで雪の日稼働をお考えの方は参考にしてみてください。

 

*決して雪の日の稼働はお勧めしているわけではありません。

スポンサーリンク

雪の日インセがつきました

UberのAIさんは雪の日に配達員がものすごく少なくなる事を知っているので、10:30~15:00でインセがつきました。

4回:550円

8回:1440円

12回:3000円

 

最近ではなかなか見ない高額インセです!直近の雨の日インセが4回で320円だったことを考えるとかなり良いインセがでていました。

雪の日は”配達エリアが制限されています”

Uberの注文アプリでは天候不良の場合、”配達エリアが制限されています”と表示され、実際に注文できる店はほぼありませんでした。

特に中心地ではないエリアではずっと注文できる店が無い状況なので、雪の日に配達する場合は中心地まで行かないといけませんね。

 

私も配達しながら注文アプリを観察していたんですが、注文できるお店は1~2件で、しかもすぐに注文できない状態になっていました。

注文する方もかなり運の部分が大きいかもしれません。ちなみに配達員大人気のマックや松屋、吉野家などのチェーン店はピークタイムではほぼ動いていませんでした。

なぜかケンタッキーは動いていたんですが…

これはエリアによって変わるかもしれません。

 

ちなみに注文しやすいのは近所の個人店でした。

個人店は注文できる状態になっているお店が多かったように感じます。なので、普段ならほぼ行かない個人店の食事を運ぶことが多かったです。

雪の日の装備は万全に!

雪の日の装備は基本雨の人同じで大丈夫です。

ですが注意してほしいのは足元です。

雨でも普段スニーカーで配達していますが、雪の日にスニーカーは絶対ダメです!

 

雪が積もっていると一気に靴に染みて、しかも寒いので3時間の稼働で足が壊死するかと思いました…帰宅後即湯につけて復活させましたが、ほんとに辛い…

 

絶対防水シューズを履くことをお薦めします。

 

大丈夫だろ…って思ってたけど、大丈夫じゃないです。

今後、雨の日にもちゃんとレインブーツ履こうと思ってこの商品を購入しました。

女子は冷え性の方も多いし、体冷やすのは本当に体に良くないです。

いつもの冬装備+1枚くらいの防寒をしてください。

防寒着についてはこちら

Uber女子配達員が薦め冬装備ワークマン「イージス」試してみた
Uber女子が冬の稼働でお薦めのワークマンイージスで冬稼働を乗り切った!装備を整えてライバルの少ない冬にガッツリ稼ごう。ワークマンのイージスがコスパも最強だけど使ってみてわかった弱点も紹介

 

男性でも手足が凍えるのは一緒なので、いきすぎた防寒おすすめします。

UberEatsが雪の多い地域で開始しないのが分かった気がします…

 

実際に雪の日にUber稼働してみて

まずすれ違った配達員ですが、ほとんどいませんでした。いつもの都内のいつものマックのいつもの待機仲間も一人も会いませんでした。笑

 

しかも前述のとおり、注文できるお店が少ないので、いつものチェーン店ではなく、いつもロングドロップ確実じゃん!ってお店からしか鳴らなくて、取るか超迷ったんですが、取ってみると基本1kmくらいの超ショートドロップしかありませんでした。

 

でも雪なので普段より注意深く自転車に乗らないといけないですし、配達者も少ないけど注文者も注文できない状態だったので、注文が続くと言う事は無く、少し止まってしまう時間も含め1時間で3~4件ペースでした。

 

実際11時からスタートして2.5時間で8ピック完了して、脚がダメになって帰宅しましたが、まだまだ時間的には余裕があったのでしっかりした装備だったら12件3000円のインセもクリアできそうです。

感覚的には土日の昼インセよりはライバルも少ないから女子にはチャンスかな!と感じました。

雪の中苦労して運んだのに…

1件あたり1キロ程度のドロップなんですが、雪なのでかなり慎重に走行してたのでかなり時間がかかっていたと思います。

さらに住所が〒だけだったり、住所がめちゃくちゃだったり、家が見つからなかったり…

 

でも多分1番多いのは他の配達員が蹴ったか、配達員がいなくて長時間放置された食事をとどけて、お客さんに怒られてしまいました。

 

客「家わかんなかった?」

私「すみません、同じ住所がたくさんあって..」

客「はい。」

 

は?

ありがとうも言えんのかな?って正直思いました。私はヘルメットに雪積もってるし、全身びちょびちょで手足が凍えそうな中、一生懸命配達して、「はい。」って。

 

悲しくなりますね、もちろん優しい人も多いですが、男性にこのような態度取られるのは怖いしやめて欲しいです…ねぇ、窓の外見て…雪、積もってるし降ってるよ….

 

これで心折れて8件で帰宅しました。

こういうのはbad評価にもつながりそうなので、できるだけ避けたいですね。

雪の日の配達は所持品に注意

私は眼鏡を紛失しました。泣

いつもは眼鏡なんですが、雨や雪の日の稼働は眼鏡が曇って仕事にならないのでコンタクトを付けています。

で、念の為に眼鏡を持ち歩いていたら…落としました。

 

そうか…雪の上になにか落としても気づかないもんな….

 

パサッ

 

雪というなれない状況、寒さで削られる体力と注意力。

落とし物、注意してください。

私はこの雪の日に稼いだ約4000円

眼鏡の金額8,000円。

 

ただの赤字になりました。

 

まとめ

UberEats配達で雪の日に稼働したあれこれを書いてみました。インセも高いしライバルも少なく、ショート中心になるので、防寒防水対策さえしっかりすれば稼働考えてもいいかもしれません。

ただホントに雪で危ないのでそこは自己責任でしっかりした安全対策することを強くお薦めします。

*決して雪の日の稼働を勧めてはいません。

コメント